大叔的愛 おっさんずラブ 日本播出 劇評人 横川良明 先生的文章

#蛋老師導讀(3/4)

同學用小鹿眼睛🥺叫我講解🤣 #蛋老師本來諗住話「去去去~我在打麻將(普)」🚬
點知睇真d,橫川先生嘅文字功力非凡,文章內容精彩。蛋老師希望借來分成4篇跟大家一起細閱,希望唔係大叔的愛Fans嘅同學都可以當作範文觀賞。

◆重要嘅係享受分歧的心情

(接上文)此外,如果要舉例有關香港版的重點的話,應該是劇長15集,所以滿載了原版沒有的小插曲。
9月16日現在播到第六集,最顯著的分別是阿牧和原版的武川さん(Darren的原型)嘅設定。大家自己睇香港版電視劇吧,細節我暫且按下不表,總之Darren有某個附加設定。

而基於那個設定,阿牧同Darren之間嘅關係更加複雜。同時亦明確解釋了為什麼阿牧要選擇和Darren分手,對「武牧」粉來說應該是很有趣的。(不過相比起武川さん的潔癖,Darren的職場騷擾* 更強勢,那方面的變化大家要注意。)

另外,演繹原版的マロ角色的Louis都有少量改動。本身比較高傲又傻氣^嘅マロ,變成Louis之後暫時沒什麼傻氣,反而花花公子設定加強了。

暫時第六集以蝶子為原型嘅Francesca之間沒有太多互動,有自信又世界仔嘅Louis到底會如何轉變很值得大家留意。
*
是國家特性不一樣的原因嗎?春田本身住自己屋企,阿田就搬出去獨自生活。另外,原版有春田媽媽出場,香港版卻由姐姐主導。

香港版第五集出現阿牧遇到姐姐,原版卻是第六話加入描述春田媽媽和牧之間互動。雖然媽媽和姐姐都係親人,但令牧(阿牧)感受到嘅罪惡感並不一樣,這樣的變化到底是好是壞可以說是且看下回分解。
**
享受這樣的分歧就正正是重拍的妙趣*#。
Louis、Darren、Francesca等等這些洋名(蛋老師案:唔得🤣俾我保留呢個字眼)都很起眼,我查證了一下就發現,香港由於長時間作為英國殖民地,除了真名之外大家都有改英文名嘅習慣。
**
享受這些本來無所知嘅文化也是觀賞海外劇集嘅重點之一,正因為身處這個不能輕鬆去旅行的年代,能透過螢光幕眺望香港的風景感受旅行氣氛也是一種樂趣。
**
パワハラ – 日語裡面有各種各樣的「~ハラ」,來自Harassment*。這裡是指職場上,上司對下屬的權利欺壓。
*^*おばか – 加個「お」字,氣氛就唔同晒。感覺立即可愛晒~
*** 要領が良い(ようりょうがいい)- 指「精明+乖巧+有手腕」😌非常符合廣東話「世界仔」嘅定義,大家覺得係咪?

醍醐味(だいごみ)- 醍醐本來是指牛奶/羊奶的精華,之後引申為某些事物的精粹奧義帶來的無上樂趣。
その上で、香港版ならではのポイントを挙げるとすると、全15話ということで、本家にはないエピソードが随所に盛り込まれているところだろう。
9月16日現在、6話まで配信中だが、最も顕著な違いは、阿牧と、本家では武川さん(眞島秀和)の役どころとなるダレンの設定だ。ぜひここは本編をご覧になっていただきたいので詳細は伏せるが、ダレンにはある設定が付加されている。
そのことによって、阿牧とダレンの関係性がより複雑なものに。なぜ阿牧がダレンとの別れを選んだかも明確なものになっていて、いわゆる「武牧」が好きだった人にとっては興味深いものになっている。(ただし、武川さんが潔癖キャラなのに対し、ダレンはわりと“パワハラみ”が強めになっているので、そのあたりのキャラ改変は要注意)
また、本家のマロ(金子大地)の役どころにあたるルイスもややマイナーチェンジ感が。生意気だけどおバカさ加減が可愛かったマロだが、ルイスに関しては今のところおバカさはほとんどなく、どちらかと言うとプレイボーイ設定が強めになっている。
まだ6話の段階では蝶子さんのポジションとなるフランチェスカとのやりとりがほとんどないため、自信家で要領の良いルイスがここからどう確変していくかは大きな見どころのひとつとなりそう。

お国柄の違いなのか、春田が実家住まいだったのに対し、阿田は独立はしている。また、本家では春田母が登場したのに対し、香港版ではその役割を姉が担っている。
香港版では5話の時点に阿牧は姉と遭遇しており、本家の6話で描かれた春田母と牧のやりとりも盛り込み済み。ただし、母と姉では同じ肉親とはいえ、牧(阿牧)が感じる後ろめたさは違うだろうし、このあたりは母から姉に変化したことで、プラスになるのかマイナスになるのかは、今後の展開次第といえそう。
そうした違いも含めて楽しんでいくのが、リメイクの醍醐味。
ルイス、ダレン、フランチェスカなど、洋名が目立つので気になって調べてみたら、長らく英国領であった香港では本名とは別にイングリッシュネームをつける文化があるのだとか。
そうした知らなかった文化を楽しめるのは海外ドラマを見る楽しみのひとつだし、気軽に旅行ができないこの時代だからこそ、画面に広がる香港の風景を眺めながら観光気分を味わうのも一興かもしれない。

🔎 https://post.tv-asahi.co.jp/post-164052/

Related Post

發佈回覆

你的電郵地址並不會被公開。 必要欄位標記為 *